【2020年4月から】 カフェの禁煙・喫煙まとめ(ドトール・コメダ・タリーズ・星乃…)【健康増進法改正】

【0】屋内禁煙義務化(2020年4月から) 禁煙・喫煙まとめ

2020年4月1日から改正健康増進法が施行され、飲食店は原則「屋内禁煙」となります。

ドトールやコメダ、タリーズなど、各カフェチェーンの受動喫煙対策(禁煙席・喫煙席)についてまとめました。

※随時更新予定

ドトールコーヒー

ドトールは以下の3タイプの店舗に分かれます。

  • 完全禁煙の店舗
  • 全席禁煙・喫煙ブースありの店舗(ブース内飲食不可)
  • 分煙の店舗(喫煙席では電子タバコのみ)

詳しくはこちらをどうぞ。

スターバックスコーヒー(スタバ)

スタバは以前から全席禁煙のため、変化はありません。

タリーズコーヒー

タリーズは、全席禁煙の店舗を増やしています。

喫煙席は「電子タバコのみ利用可」になる方向。

紙巻きタバコが吸える「喫煙ブース」を設置したお店も一部あります。

詳しくはこちらをどうぞ。

サンマルクカフェ

サンマルクカフェは、全席禁煙の店舗がメインになりそうです。

一部、喫煙ブース設置店舗あり。

コメダ珈琲

コメダ珈琲は、全席禁煙の店舗がメインになります。

詳しくはこちらをどうぞ。

星乃珈琲

星乃珈琲は、全席禁煙の店舗がほとんどになります。

詳しくはこちらをどうぞ。

健康増進法改正について

2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日より全面施行されます。

改正の内容は、受動喫煙防止をルール化するというもの。

飲食店は原則「屋内禁煙」になります。(小規模個人店など一部を除く)

4月1日以降、カフェチェーンで認められる受動喫煙対策は以下の通り。

  • 店内全面禁煙とする
  • 店内に喫煙ブースを設ける(ブース内飲食不可)
  • 電子タバコのみOKの喫煙室を設ける(飲食可)

法改正により、紙巻きタバコを吸いながら飲食できる今までのような「喫煙席」は設置できなくなります。

関連リンク

[厚生労働省] 飲食店の受動喫煙防止対策について

関連記事

▼ドトールの受動喫煙防止対策

コメダ珈琲の受動喫煙防止対策

タイトルとURLをコピーしました