【コメダ】軽減税率への対応まとめ 10〜20円の値上げ、チケットは価格据え置き!

コメダ珈琲店

軽減税率制度に対する、コメダ珈琲の対応をまとめました。

税込表記を継続し、一部商品の価格を10〜20円値上げ。

ドリンクチケットの価格は据え置きで、増税前に買ったチケットもそのまま使えるとのことです。

軽減税率制度とは

増税に伴い、2019年10月から導入される軽減税率制度

「食品」は増税の対象から外され、現行の8%のままで済むというシステムです。

カフェやレストランでも商品を持ち帰ると「食品」とみなされ、軽減税率が適用されます。

ただし店内で飲食すると「外食」=贅沢品とみなされ、軽減税率は適用されません。

テイクアウトの場合は8%、店内で飲食する場合は10%の消費税がかかるという、カフェ好きにとってはやや面倒な制度なのです。

テイクアウトもできる喫茶店「コメダ」では、どのような対応をするのでしょうか。気になって調べてみました。

コメダ 軽減税率への対応

コメダ珈琲の軽減税率への対応は、以下の通りです。

  • ドリンクなど、税込価格を10〜20円値上げ。
  • 税込表記は継続。
  • 店内利用とテイクアウトは、税込価格を統一する。
  • ドリンクチケットの価格は据え置き

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドリンクなどの価格を値上げ、税込表記は継続

増税後のメニュー表

コメダでは、価格を税込で表記しています。

増税に伴い税抜表記になるのかな、と思ったら、税込表記は継続されるようです。

そのかわり、税込価格を10円〜20円値上げするとのこと。

例:ブレンドコーヒー 税込420円→税込430円 (※価格は店舗により異なります)

全品値上げするわけではなく、一部商品は本体価格を値下げし、税込価格を据え置きます。

税込価格を据え置くのは、シロノワール(税込650円)やホットドッグ(税込450円)など、フードの人気商品。

税込価格を10円単位で揃え、分かりやすさを重視するコメダ。お客さん目線でありがたいですね。

店内とテイクアウトは価格を統一

10月からは店内利用10%、テイクアウトは8%の消費税がかかります。

本体価格が同じとすると、テイクアウトの方が支払い額が安くなるわけですが…。

コメダでは混乱を避けるため、店内とテイクアウトの税込価格を統一するそうです。

本体価格を調整して、うまいこと同じ支払い額にするわけですね。

こちらもお客さん目線で好印象。

新ブレンド導入

増税による値上げを機に、ブレンドコーヒーが新しくなりました。

現在の「ブレンドコーヒー」から、コーヒー豆をアラビカ種100%に変更し、新たに「コメダブレンド」が登場。

ほかにも、メニュー改定でいくつか新メニューが登場していますよ。

10月1日からのコメダ新メニュー表はこちら。

ドリンクチケットの価格は据え置き

9枚綴りなどで販売されている「コーヒーチケット(ドリンクチケット)」。

こちらは、増税前に買ったものも追加料金なしで使えます。これまた嬉しい対応!

今後はドリンクチケットの値上げもあるかもしれませんね。

もしかして増税前にまとめ買いしておいた方がいいのでは…。

いや、増税後にチケットセールをやりそうな気もするので、早まらない方がいいか…?

【2019.09.24追記】

ドリンクチケットの価格は増税後も据え置きとなるそうです。

税込価格が据え置きなので、実質値下げですね!すごい。

焦ってまとめ買いしなくても大丈夫そうです。

全体的に「お客さん目線」の対応となったコメダ、個人的に好感度上がりまくりました。

コメダさん、これからも通います…!!

コメダのメニュー表

コメダの最新メニュー表はこちらをどうぞ。(増税後のメニューを掲載しています)

増税&軽減税率 カフェチェーン各社の対応は

いよいよ10月から始まる増税&軽減税率。

スタバやタリーズ、星乃珈琲など、カフェチェーン各社の対応をまとめた記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました