【コメダ】新型コロナ感染拡大に伴う休業・営業時間短縮について(2020年4月)

アーカイブ

コメダ珈琲の、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業・営業時間短縮・その他の対策についてまとめました。

(最終更新日:2020年4月18日)

【最新情報】営業時間短縮・一部店舗は休業

4月18日より、緊急事態宣言の対象が全国に拡大されました。

コメダでは一部店舗を休業としますが、営業時間短縮や減席をするなどして、できる限り営業を続けていくとのことです。

以下、公式サイトのお知らせより引用。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月7日(火)に7都府県、4月16日(木)に全国に緊急事態宣言が発令され、13都道府県が特定警戒都道府県に指定されました。

地元密着を掲げるコメダとしては、地域のインフラとしてお客様へ“くつろぎの空間”を提供することが使命であると考えているため、お客様の安全面に配慮し、衛生面についてのオペレーションを徹底した上で、できる限り営業を継続させていただきます。

営業継続にあたり、特定警戒指定や外出自粛要請のあった地域、及び立地や個店の状況に応じて営業時間を短縮するとともに、定期的な換気・清掃、お客様の座席間に一定のゆとりを持たせるご案内や、お会計時のコイントレー使用など、様々な感染防止対策を行なってまいります。

コメダ公式サイトより

営業時間短縮の概要は以下の通りです。

対象エリア店舗 期間営業時間
東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、福岡約 300 店4/8〜5/620時閉店を基本として、店舗状況に応じて営業時間を短縮
北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都約 350 店4/17~5/620時閉店を基本として、店舗状況に応じて営業時間を短縮

休業店舗一覧

現在休業している店舗が、公式サイトに発表されています。

全国のコメダ珈琲のうち約80店舗が休業中。(4月17日現在)

詳しくは以下をご覧ください。

席数を減らして営業中

埼玉県内の最寄りの店舗では、席数を減らして営業していました。

席の一部に「使用禁止」の張り紙が置かれ、お客さん同士一定の距離が保たれるように工夫されています。

福袋のスナックチケット 期間延長

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛に伴い、2020福袋に入っていた「スナックチケット」の使用期限が延長されました。

「2020年コメダの福袋 新春スナックチケット」引換え有効期限延長のお知らせ

「2020年コメダの福袋 新春スナックチケット」の引換え有効期限を1か月延長させていただきます。
・現行有効期限  2020年4月30日(木)
・変更後有効期限 2020年5月31日(日)

コメダ公式サイトより

期限はもともと4月30日まででしたが、1ヶ月延びて5月31日まで使用可能とのこと。

これはありがたい対応ですね。

特に感染が拡大している地域では、チケット消費のために急いで出向かず、しばらく様子をみましょう。

テイクアウトの強化

あまり知られていませんが、コメダはテイクアウトもできます。

公式サイトにて、テイクアウト可能なメニューが発表されていました。

コメダ公式サイトより

店内で過ごすのは難しいけど、コメダのメニューを楽しみたい!

そんなときは、テイクアウトを活用してみてはいかがでしょうか。



コメダをテイクアウトしてみたレポはこちら。

テイクアウトメニューについて詳しくはこちらをどうぞ。

(姉妹サイト「コメダ珈琲だいすきクラブ」に飛びます)

カフェチェーンの新型コロナウイルス対策

▼スタバの新型コロナウイルス対策(営業時間短縮・休業店舗)

▼ドトールの新型コロナウイルス対策(営業時間短縮・休業店舗)

▼星乃珈琲の新型コロナウイルス対策(営業時間短縮・休業店舗)

▼タリーズの新型コロナウイルス対策(営業時間短縮・休業店舗)

▼カフェチェーン各店の対応まとめ

タイトルとURLをコピーしました