【2021】カルディ カメラ缶チョコレートが超かわいい!今年はレフレックス缶、ラジカセ缶も!

カルディコーヒーファーム(KALDI)

カルディで話題の「カメラ缶チョコレート」を買ってみました。

レトロなフィルムカメラ風の缶がリアル。

中身を食べ終わっても飾っておきたくなるかわいさです♪

2021年はレフレックス缶やラジカセ缶も登場しています。

カルディ「カメラ缶チョコレート」とは

カメラ缶チョコレート」は、KALDIで販売されている缶入りチョコレート。

レトロなフィルムカメラをかたどった缶の中に、個包装のクランチチョコレートが入っています。

2019年のバレンタインシーズンに初登場し、そのリアルさが話題に。

今年も1月初旬から店頭に並んでおり、オンラインショップでは1月5日に発売後すぐに売切れてしまったようです。

たまたま近くのカルディで見かけたので、購入してみました。

値段は1個583円(税込)です。よくできているわりにお手頃価格。

カメラ缶チョコを開けてみた

レンズがピョコンと飛び出した、リアルなフィルムカメラ風の缶。

ロゴの感じがライカのカメラに似てますね。

株式会社エウレカ」の商品なので、ロゴも「エウレカ」になってます。

中身のチョコレートは日本製、容器は中国製。賞味期限は半年ほど。

写真は2020年購入時のものです。

シャッター部分がちゃんと出っ張っていたり、細かいところまで忠実に再現されています。(さすがに押せないけど)

レンズ部分は外せるようになっていました。(売り場で外れないようにテープが貼られてた)

事前に「レンズは外せる」という情報を得ていたものの、外側から回しても引っ張っても取れず。

フタを開けて内側から押したらポロッと取れました。

外したとこの写真取り忘れたっ…。

中には個包装のクランチチョコが5個、入っています。

チョコレートの包装が、カメラのフィルム風なんです。

懐かしいですね〜。今の若い人はピンとこないかもしれません。

袋を開けると、一口サイズのクランチチョコが登場。

ライスパフとコーンフレークのダブル使い、サクサク軽い食感でおいしい!

これ、中身もふつうにおいしくて満足度高いぞ…!

同じデザインで、茶色の他に黒もあります。

レンズの色が微妙に違うの、凝ってる〜。

中身は同じチョコクランチでした。

これならチョコを食べ終わっても、インテリアとして飾ったり小物入れにしたりできますね。

カメラ好きな彼に贈れば、喜ばれること間違いなし…!

ひとつだけ注意点が。

レンズを留めているセロテープを剥がす時、気をつけないと粘着部分が残ってしまいます。ゆっくり剥がすのがおすすめ。

今年は「レフレックスカメラ缶」「ラジカセ缶」も!

2021年は「レフレックス缶」のカメラチョコも販売されています。

(2020年はレフレックスの木箱入りチョコでしたが、今年は缶になりました)

カルディ公式サイトより

これがいわゆる「二眼レフ」というやつですね。使ったことないけど、かっこいいな〜。

ブラックとブラウンの2色があり、お値段626円(税込)。

さらには「ラジカセ缶」も新登場。

カルディ公式サイトより

昔懐かしいラジカセ型。

カセット取り出し口が開閉でき、カセットテーブ型のミルクチョコと、クランチチョコが入っています。

カルディ公式サイトより

クランチチョコは包みに「録音ボタン」や「停止ボタン」などが描かれていて面白い〜。

こちらはグレーとブラックの2色で、値段は税込1,080円です。

カメラチョコ、どこで買える?

紹介したカメラ缶チョコは、1月初旬から全国のカルディで販売されています。(一部取扱いのない店舗もあります)

季節商品のため、売切れ次第終了。

去年はあっという間に売切れてしまったので、気になる方は早めにカルディ巡りをしてみてください。

オンラインショップでは現在、カメラ缶は「在庫なし」、レフレックス缶とラジカセ缶は「在庫あり」となっています。(2021年1月10日確認)

 

GETできたらラッキーなカメラ缶チョコ。

買えた方は大事に飾りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました