▼ 2021年 福袋 予約・販売期間スケジュールまとめページ



【メリーチョコレート福袋2021】オンライン販売もあり!値段・発売日・予約はできる?

チョコレート・お菓子・パンの福袋情報(2021)

チョコレート専門店「メリー」の福袋、2021年の中身が発表されました。

購入額の約2倍の中身が入って超おトク!

1,080円と気軽に買いやすい価格も魅力です。

買える場所・発売日・予約の有無・オンラインショップの情報についてもまとめています。

メリーの福袋とは

メリー」は、1950年から続く日本のチョコレートブランド。

普段使いのチョコレートから贈答用チョコレートまで、幅広く取り揃えています。

ゴディバリンツと比べると低価格でカジュアルな印象がありますね。

そんなメリーでは、毎年お正月におトクな福袋を販売しています。

メリーの福袋、値段と種類

メリーの福袋は毎年1種類。

値段は1,000円(税込1,080円)です。

福袋販売にあわせて、猫型の包みに入った詰め合わせ「ニャンてハッピー」も販売されます。

値段は500円(税別)。

こちらも、小さな福袋という扱いにしていいかもしれません。

メリー福袋、2021の中身

メリー福袋、2021年の中身は以下の通り。

干支の描かれた紙袋に入っています。

画像はメリー公式サイトより
  • ファンシーチョコレート(24個入り)…定価1,080円
  • チョコレートミックス(74g)…定価540円
  • プレーンチョコレート(72g)…約480円相当

計3点、2100円相当

「ニャンてハッピー」の中身はこちら。(2021年の情報がまだないため、前年のものです)

画像はメリー公式サイトより
  • クッキー2種×4枚
  • チョコレート4種×2個

計16個、85g。

価格換算は難しいのですが、購入額以上のお菓子は入っていそうです。

※「ニャンてハッピー」は、店舗販売限定です。

どれくらいおトク?

1,080円の福袋で、2,100円相当の中身が入っています。

つまり、1,020円おトク…!

購入額のほぼ倍ですね。安く買える分、おトク感はかなり高いといえます。



福袋に入っている「ファンシーチョコレート」はこちら。

写真は12個入りですが、福袋のものは24個入りで2倍の量が入っています。

粒が大きくて食べごたえがあり、味もおいしいですよ♪

メリー福袋の買い方 予約はできる?

メリーの福袋は、以下の場所で買うことができます。

  • メリーチョコレートの店舗で購入する
  • 西武そごうや高島屋など、百貨店のオンラインショップで購入する

店頭で買う場合

初売り初日に販売が開始されます。

メリーの販売店は百貨店に入っており、最近では元日からやっているところが多いですね。

朝から大行列…というほどではないようですが、売切れ前にGETするにはなるべく早い時間がおすすめ。

なお、事前予約は受け付けていないようです。

メリーの店舗一覧はこちら→https://www.mary.co.jp/mary/shoplist/

オンラインストアで買う場合

メリーの福袋を販売するオンラインストアは、以下の通り。(2020年の情報です)

2021福袋は、以下のサイトで販売開始されています。

▼オムニ7(2個セット売り)

なんと11月から販売しているんですね。ただし届くのは1月1日以降だそうです。

発売後すぐに完売してしまうため、こまめにチェックが必要。

オンラインストアでの購入は、別途送料がかかりますのでご注意ください。

メリー福袋、過去の中身

メリー福袋、過去の中身を振り返ってみましょう。

2020年

画像はメリー公式サイトより

2020年の中身は、2019年と全く同じ。2018、2017年も同じ内容でした。

「ファンシーチョコレート・チョコレートミックス・プレーンチョコレート」の3点。

価格も1,080円で変わらずです。

2016年以前は、大きな板チョコ3枚が入っており、今よりさらにおトクだったそうですよ。

チョコレート福袋、まだまだあります

メリーと同じ1,080円、チョコレートとクッキーがバランスよく入った「モロゾフ」の福袋はこちら。

毎年整理券が出るほどの人気、「ゴディバ」の福袋についてはこちら。

ゴディバと並んで人気の「リンツ」の福袋についてはこちらをどうぞ。

2021福袋まとめ

▼食品福袋、全27店の総まとめはこちらをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました