▼ 2021年 福袋 予約・販売期間スケジュールまとめページ



【銀だこ福袋 2021】今年も3種類!年内発売の店舗も 中身・発売日・予約はできる?(12月29日更新)

カフェ・飲食店系の福袋情報(2021)

たこ焼き専門店「銀だこ2021年の福袋情報です。

たこ焼き引換券だけで元が取れ、飲食系福袋の中でも特におトク度高めの福袋。

詳しい中身と発売日、予約の有無、チケットの使い方についてまとめています。

1000円・3,000円・5,000円のどれが一番おトクなのか、おトク度計算もしてみました!

銀だこの福袋とは

外カリッ、中トロッのおいしいたこ焼きが人気の「築地銀だこ」。

銀だこでは毎年、お正月に福袋を販売しているって知ってましたか?

その名も「ぜったいお得な!!福袋」。

好きなたこ焼き(8個入り)と交換できるチケットや、たこめしの素、クーポン券などが入り、チケットだけで十分元が取れてしまう内容。

銀だこ好きなら買うしかない、超おトクな福袋なのです。

 

銀だこ福袋の種類と値段

銀だこ福袋は、毎年以下の3種類です。

  • 1,000円福袋
  • 3,000円福袋
  • 5,000円福袋

価格は税込。

 

銀だこ福袋 2021の中身

銀だこ福袋、2021年の中身は以下の通り。

前年とまったく同じ内容です!

1,000円福袋

銀だこ公式サイトより
  • たこ焼き1舟引換券×2枚(最大1,430円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • 毎月使える100円引きクーポン券(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×1枚

合計 3,010円。2,010円おトク!

3,000円福袋

銀だこ公式サイトより
  • たこ焼き1舟引換券×7枚(5,005円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • 毎月使える100円引きクーポン券(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×3枚

合計 6,585円。3,585円おトク!

5,000円福袋

銀だこ公式サイトより
  • たこ焼き1舟引換券×12枚(8,580円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • 毎月使える100円引きクーポン券(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×5枚

合計 10,160円。5,160円おトク!

3種類とも、購入額の2倍〜3倍近い中身が入っています。

たこ焼き引換券だけで購入額を超えていて、これはもう買わない手はない…!

 

銀だこ福袋の発売日は?予約はある?

銀だこ福袋は毎年、1月1日から販売されます。(お休みの店舗は、新年最初の営業日から)

ただし今年は新型コロナウイルスの影響で、店舗により発売日や販売方法が異なってきます

年内に販売される店舗もあるようですよ。

※本年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、各施設・店舗等におきまして様々な規制や要請等が発生しており、各店舗での発売開始日、販売期間、販売方法等が大きく異なります。また、突然の変更や中止等が発生する場合もございますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
※一部店舗では、年始の初売りなどでの密を避けるため、年内より先行発売をおこなう店舗もございます。
※各店舗、在庫が無くなり次第終了

店舗ごとの発売日については公式サイトに掲載されていないため、最寄り店舗に確認するのが確実です。

例年どおりだと予約は受け付けていない店舗がほとんどですが、今年はどうなるのでしょうか…。

たこ焼き引換券の対象メニューは?

福袋に入る「たこ焼き1舟引換券」は、8個入りのたこ焼きどれでも1つと引き換えられます

  • たこ焼  538円+税
  • ねぎだこ 630円+税
  • チーズ明太子 630円+税
  • てりたま 630円+税
  • 期間限定メニュー 649円+税

価格換算は、一番高い649円+税のメニューで計算しています。

高いメニューと引き換えた方がおトクですが、十分元は取れているので食べたいものを頼みましょう♪

 

たこ焼き引換券の期限は?

たこ焼き引換券には、有効期限が設定されています。

期限は「1月1日〜6月30日」まで。

半年間で確実に使い切れる福袋を選ぶのが大事です!

どれを買うのがおトク?徹底比較

1,000円、3,000円、5,000円、どれを買うのが一番おトクなんだろう?

気になって計算してみました。

まずは単純に、お店告知のお得額を見てみます。

  • 1,000円福袋→2,010円おトク(購入額の201%
  • 3,000円福袋→3,585円おトク(購入額の119%
  • 5,000円福袋→5,160円おトク(購入額の103%

購入額との比率でいうと、実は1,000円福袋が一番おトクなのです…!

201%って圧倒的すぎない?と思い、お得額をよく見ると、クーポンの分も換算されていました。

「毎月使えるクーポン」は、有効期限1ヶ月の100円引きクーポンが12枚付いているというもの。

福袋を買えばたこ焼き引換券が付いてくるのに、クーポンを使う機会なんてなかなかないかもしれない。

というわけで、たこ焼き引換券とたこめしの合計額のみで改めて比較してみようと思います。

  • 1,000円福袋→ 810円おトク(購入額の81%
  • 3,000円福袋→2,385円おトク(購入額の79%
  • 5,000円福袋→3,960円おトク(購入額の79%

この計算だと、おトク度がほぼ同じくらい。それでも1,000円福袋が一番強いですね。

福袋というと高額なものほどお得度も高くなっているイメージですが、銀だこ福袋の場合はそうではないみたい。

とはいえ1,000円福袋を複数買いだと、たこめしの素とクーポンがかぶってしまってビミョーかも…。

やはり自分に合った、チケットを使い切れる金額のものを買うのが一番ですね!

 

銀だこのスタンプカードって?

福袋に付いてくる「スタンプ1個プレゼント券」は、銀だこスタンプカードのスタンプを1個、無料で押してもらえる券です。

銀だこのスタンプカードは赤・銀・金の3ランクがあり、最初にもらえる赤カードは20個貯まると「たこ焼(ソース)8個入り またはお好きなたこ焼き6個入り」と交換できます。

ランクが上がるごとに、銀カードなら12個、金カードなら10個と、引換えまでのスタンプ数が減っていくシステム。

画像は銀だこ公式サイトより

銀だこへよく行く人なら、このスタンプ1個にも最大53円分の価値があるわけですね。

「スタンププレゼント券」も、期間内に忘れずに使うようにしましょう

有効期限はたこ焼きチケットと同じ、6月末までです。

 

結論!

銀だこ福袋は、どれを買っても購入額の70%以上おトク!

8個入りを半年で2つ食べるなら1,000円福袋を、7つ食べるなら3,000円福袋を、12個以上食べるなら5,000円福袋を買いましょう♪

 

銀だこ福袋 過去の中身

以下、過去2年の福袋の中身です。

2020年

2021年と全く同じ内容でした。

開封レポはこちら。

2019年

画像は銀だこ公式サイトより

2019年は、クーポン付きカレンダーでした。

【1,000円福袋】

  • たこ焼き1舟引換券×2枚(1,360円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • クーポン付きオリジナルカレンダー(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×1枚
画像は銀だこ公式サイトより

【3,000円福袋】

  • たこ焼き1舟引換券×7枚(4,760円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • クーポン付きオリジナルカレンダー(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×3枚
画像は銀だこ公式サイトより

【5,000円福袋】

  • たこ焼き1舟引換券×12枚(8,160円相当)
  • たこめしの素(380円)
  • クーポン付きオリジナルカレンダー(値引き額 計1,200円)
  • 銀だこスタンプ1個プレゼント券×5枚

 

銀だこ福袋 開封レポ

【2020.12.29追記】

銀だこ福袋を購入してきました!開封レポはこちらをどうぞ。

食品系福袋、まだまだあります

▼丸亀製麺の福袋

▼リンガーハットの福袋

▼幸楽苑の福袋

▼ココイチの福袋

▼吉野家の福袋

▼コメダ珈琲の福袋

▼ミスドの福袋

▼食品福袋、全27店の総まとめはこちらをどうぞ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました