カフェチェーンの店舗数ランキング【2021年版】

【1】まとめ

全国のカフェチェーンの店舗数を、多い順にランキングしました。

上位13店の店舗数と価格帯、お店の特徴などをまとめています。

(データは2020年度のものを参考にしています)

第1位 スターバックスコーヒー(スタバ)

【店舗数】

1,601店舗

カフェの王者、スタバが堂々の第1位。
なんとスタバは47都道府県全てに出店しています。
現在も店舗数を増やしており、今後もトップを独走しそうです。

【価格帯】

280円(税別)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

スターバックスコーヒージャパン

【メニュー】

スタバのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第2位 ドトールコーヒーショップ

【店舗数】

1,088店舗

2位は低価格帯で支持されるドトール
ドトールもスタバと同じく、全国47都道府県全てに出店しています。

【価格帯】

220円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

ドトール・日レスホールディングス

【メニュー】

ドトールのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第3位 コメダ珈琲

【店舗数】

873店舗

名古屋発祥の喫茶店、コメダが第3位。
店舗はやはり愛知県周辺が多くなっています。
2019年2月、コメダ系列の和風喫茶「おかげ庵」が横浜に出店。今後の動向に注目です。

【価格帯】

420円(税込)〜

【サービス形式】

フルサービス

【運営会社】

コメダホールディングス

【メニュー】

コメダのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第4位 タリーズコーヒー

【店舗数】

747店舗

第4位はタリーズ
日本のタリーズは伊藤園の子会社「タリーズコーヒージャパン」が運営しています。
年々店舗数を増やしていましたが、2020年以降は伸び悩み傾向。

【価格帯】

320円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

タリーズコーヒージャパン

【メニュー】

タリーズのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第5位 サンマルクカフェ

【店舗数】

386店舗

チョコクロが人気のベーカリーカフェ「サンマルクカフェ」が第5位。
ベーカリーレストラン「サンマルク」やサイフォン珈琲の「倉式珈琲店」も同じサンマルク系列です。

【価格帯】

200円(税別)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

サンマルクホールディングス

【メニュー】

サンマルクカフェのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第6位 プロント

【店舗数】

348店舗

昼はカフェ、夜はバーになる「プロント」が第6位。
都市型店舗が多く、約半数が東京都内にあります。

【価格帯】

240円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ(バータイムはフルサービス)

【運営会社】

プロントコーポレーション

【メニュー】

プロントのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第7位 星乃珈琲店

【店舗数】

253店舗

第7位は落ち着いた雰囲気の喫茶店「星乃珈琲」。
2011年の創業以来、着々と店舗を増やしています。
運営会社はドトールコーヒーと同じ、ドトール・日レスホールディングス。

【価格帯】

400円(税別)〜

【サービス形式】

フルサービス

【運営会社】

ドトール・日レスホールディングス

【メニュー】

星乃珈琲のメニュー情報はこちらをどうぞ。

第8位 珈琲館

【店舗数】

240店舗

第8位はUCC系列の喫茶店「珈琲館」。
駐車場がある郊外型店舗が多く、喫煙席が多めなのが特徴です。

【価格帯】

420円(税込)〜

【サービス形式】

フルサービス

【運営会社】

ユーシーシーフードサービスシステムズ

第9位 カフェ・ド・クリエ

【店舗数】

208店舗

第9位「カフェ・ド・クリエ」は、飲料メーカー「ポッカ」が運営するカフェチェーン。
店舗は約半数が関東にあります。

【価格帯】

260円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

ポッカクリエイト

【メニュー】

カフェ・ド・クリエのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第10位 カフェ・ベローチェ

【店舗数】

168店舗

低価格帯のセルフカフェ「ベローチェ」が第10位。
もともとはフルサービス喫茶店「シャノアール」だった店舗が、ベローチェへと変わってきています。
店舗は都市部が中心。

【価格帯】

200円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

シャノアール

【メニュー】

ベローチェのメニュー情報はこちらをどうぞ。

第11位 エクセルシオールカフェ

【店舗数】

123店舗

惜しくもトップ10から漏れたエクセルシオールは、ドトール系列のセルフカフェ。
メニューはドトールと似ていますが、やや高級志向なのが特徴です。
最近は店舗数が減少傾向にあります。

【価格帯】

300円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

ドトール・日レスホールディングス

第12位 上島珈琲店

【店舗数】

107店舗

上島珈琲店は、UCC系列のセルフカフェ。
ネルドリップにこだわった珈琲と洗練された雰囲気で、セルフ式にしてはお高めです。

【価格帯】

400円(税込)〜

【サービス形式】

セルフ

【運営会社】

ユーシーシーフードサービスシステムズ

【メニュー】

上島珈琲店のメニュー情報はこちらをどうぞ。

第13位 ルノアール

【店舗数】

97店舗

ルノアールは、都内を中心に展開する高価格帯の喫茶店。
「喫茶室ルノアール」と「カフェルノアール」のふたつを合わせて97店舗です。

【価格帯】

520円(税込)〜

【サービス形式】

フルサービス

【運営会社】

銀座ルノアール

※2019年1月現在の情報です。

※価格帯は一番小さいサイズのホットコーヒーを基準にしています。

カフェチェーン店舗数 一覧表

カフェチェーンの店舗数を見やすく表にしました。

店名のリンクから、各店の詳細記事一覧に飛べます。

順位店名店舗数
1位スタバ1,601店舗
2位ドトール1,088店舗
3位コメダ珈琲873店舗
4位タリーズ747店舗
5位サンマルクカフェ386店舗
6位プロント348店舗
7位星乃珈琲253店舗
8位珈琲館240店舗
9位カフェ・ド・クリエ208店舗
10位ベローチェ168店舗
11位エクセルシオール123店舗
12位上島珈琲店107店舗
13位ルノアール97店舗

こうして見てみると「スタバ・ドトール・コメダ・タリーズ」の4強といった感じですね。

とくに1,000店超えのスタバとドトールがどこまで店舗数を増やすのか、今後に期待したいところです。

カフェチェーンについて詳しく知りたいなら

カフェチェーンのおすすめモーニングを紹介した記事もあわせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました